大河原美以のプロフィール

 臨床心理士・公認心理師,博士(教育学)

 元・東京学芸大学 教育心理学講座 教授(2021年3月まで)

 専門は、親子の心理療法・家族療法・EMDR療法

 

 1958年東京生まれ。

 東北大学文学部哲学科卒業後、児童福祉施設の児童指導員として4年勤務した後、

 筑波大学大学院修士課程教育研究科に入学。 

 修了後、精神科思春期外来、スクールカウンセラー、教育センターなどの臨床現場を経て、

 1997年9月より、東京学芸大学 助教授。

 2007年4月より、東京学芸大学 教授。

 2021年3月、23年7ヶ月勤務した東京学芸大学を(3年早く)早期退職。

 2021年4月、「大河原美以心理療法研究室」を開設。